初心者におすすめのアンティークウォッチ

初めてアンティークを買う時はいろいろと不安もあると思います。
大事なポイントと注意点をご説明致します。
個人的な主観も入ってますがポイントは4つです。


1,シンプルで壊れにくい
最初に不安に思うのは“壊れないかな?”という事かと思います。
クロノグラフ(ストップウォッチが付いた物)や、
複雑なカレンダーが付いているモデルは人気でかっこよいですが、
複雑な分不具合が起きる可能性も高くなるので
修理をする時の費用も割高になります。

一方、シンプルなものは不具合の可能性も少なく、
メンテナンスの費用も安めで済みます。


2,オーバーホールをしてから売っている
時計のコンディションは「オーバーホール」を
されているかどうかで大きく変わります。

オーバーホールとは時計をすべて分解して綺麗に清掃し、
専用の高品質の油を差して元通りに組み上げる事です。

古い時計でオーバーホールをされていない場合は
「油」が切れていて動きが鈍くなっている場合があります。

油が切れていると部品が摩耗しやすくなるので要注意です。

買う時点でオーバーホールがされたものがベストですが、
オーバーホールをされていない場合は購入時に
コンディションを聞いて、心配ならオーバーホールを
してもらってから購入すると良いでしょう。


3,見た目がマニアック過ぎない
あまりにも古い感じだとファッション的に
浮いてしまう可能性がありますが、スマートで
「見るからにアンティーク」ではない時計の方が
コーディネートもカンタンです。

カジュアルでもスーツでも合うような時計であれば、
最初の1本をいろんな場面で楽しめます。

シンプルでスマートなヴィンテージを付けていると
逆に目立つようで、「その時計カッコ良いね〜♪
って言われることが多いです。

4,全体的にかっこいい
当然ですが、トータル的にデザインが優れている
時計をお勧めしたいです。

時計本体の美しさはもちろん、
バンドの質感も重要です。

バンドで時計の印象は変わります。

時計本体がレアで価値が高いものでも
バンドがしょぼいともったいないので、
バンドを含めて上質で好みに合うものが良いと思います。

アンティークはすべて1点ものなので、
どれがおすすめというのはその都度でないと難しいのですが、
私の友人でもあるルーマニアの腕の良い時計職人から
提供してもらっているZENITH、ジャガールクルト、
IWCなどの時計はコンディションもルックス面も