アンティーク時計は壊れやすい?

初めてアンティークウォッチを
考えられるときって、

「修理はできる?高いの?」

っていう心配があるかと思います。

そのあたりの疑問点について
ご説明したいと思います。

これについて一概に結論を言うのは
難しいのですが、

これは、

「壊れやすい」

とも

「壊れにくい」

とも言えます。

技術的に発展途上であった時代に
製造されたものは耐久性に置いて
現代の時計よりも劣る部分があります。

しかし、

現代のハイビートと言って、
ムーブメントの振動数が速い時計は、
振動数が遅いアンティークよりも
それだけ摩擦のスピードも多いと言えます。

なので、アンティークの方が
ムーブメントがゆっくり動いている分
劣化しにくいと言える部分もあるのです。

機械式腕時計を使えば
アンティークでなくても、
必ずメンテナンスが必要になります。

3〜4年毎に、部品を全部バラして綺麗に
清掃しパーツごとに専用のオイルを塗って
組み立て上げて調整を行う
オーバーホールです。

これについては、
アンティークの方が費用が安い場合も
あります。

何故かと言うと、

現行モデルの時計をメーカーに出すと
念のためにいろいろな部品を交換される
というケースがあります。

絶対交換が必要なパーツでなくても
OH後の保証をする事もあり
“一応交換しておこう”
的な感じで交換されるからです。

安心を優先するならこれがベストですね。

ところがアンティークの場合は
パーツが手に入りにくい事もあり
むやみに部品を交換するのではなく
極力そのままの部品を生かすように
行うので部品代がかかりにくいのです。

なのでアンティークの場合、
OH後の保証は期間が短めです。



ただ、どうしても部品交換が必要なのに
その部品が手に入らないという事態が
稀に起きます。

その場合は部品を製作するのですが、
たった1個の小さな部品をつくるのに
15,000円とか20,000円かかる事があります。

その場合は高く付きます。

という訳でケースバイケースに
なってしまうのですが、

この程度のリスクはあり得ることを
あらかじめ理解した上で入手されれば
アンティーク時計を楽しめると思います。

当店でもアンティークウオッチの修理を
受け付けております。