購入後のメンテナンス・修理について

当店でお買い上げいただいたアンティークウォッチは
基本的に修理・オーバーホールをお受けしております。
丁寧な修理・メンテナンスがモットーです。

オーバーホールの時期
3年前後を目安にオーバーホールするのが理想です。
それ以上経過しても動くことは動きますが、油が気化して少なくなると
部品の摩耗が激しくなってしまいます。

なぜオーバーホールが必要なの?
オーバーホールというのは時計のパーツを全て分解して
清掃し、各部品ごとに異なる専用の油をさし元通りに組み上げることです。
もちろんヘタったパーツは交換する場合があります。

ただ、アンティークウォッチの場合、
何でもかんでも新しくパーツを交換してしまうと
アンティークウォッチではなくなってしまいますので、
なるべく元のパーツを使うようにしています。

現代の時計をメーカーに出してオーバーホールする場合は、
念のために多くのパーツを交換される事が多くその為
費用も高額になりがちですが、アンティークウォッチの場合は
その点、費用面もそこまで高額になりにくいとも言えます。
ただし、交換パーツが無い場合に制作したりすると
高額になる場合もあります。


<オーバーホール参考価格・税別>
カスタムウォッチ(懐中時計ムーブメント)    29,000円
OMEGA・グランドセイコー等                        21,000円
ROLEX等                                                    24,000円

※部品交換がない場合の分解清掃です。部品交換が必要な場合は別途費用(実費)がかかります。

修理・メンテナンスのご相談はお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。